訴訟

訴訟のための特許調査を迅速に行う

強化された特許データと引用を利用し、侵害訴訟における主張や潜在的な特許侵害者の特定を行う

 

侵害訴訟における主張の際の意思決定に関する情報を提供する

Derwent Innovationは、侵害訴訟で主張を行う企業をサポートするために、以下のようなワークフローの各段階で、包括的な機能を提供します。

  • 訴訟履歴から脅威レベルを判断する。
  • 特許の法的状況と健全性を評価する。
  • 主張された特許に関する無効調査を行う。
  • 予備的な特許価値の分析を実施する。
  • 主張された請求と製品の侵害疑惑の重なりを再調査する。
  • 特許の現在の所有者を調査する。

当社はまた、侵害の申し立てに対処する企業をサポートするために、社内の知財エキスパートチームを使って、必要な特許に関する調査を行うサービスも提供しています。

 

米国特許商標庁審判部(PTAB)に反論書を提出する特許を特定する

Derwent Innovationの監視レコード機能により、個々の特許、企業、技術分野のレベルで特許活動を簡単にモニタリングすることができます。監視レコードのメールにより、変更を明確に特定し、主要特許へのリンクを送信することで、即時に知見を提供します。

Derwent Innovationの検索・分析プラットフォームは、PTABへ異議申し立てしたい特許に関する無効調査を実施するためのツールとコンテンツを提供します。

当社のエキスパートサービスチームは、異議申し立てに適している可能性のある特許を特定し、クライアントが検討するのに最も見込みのあるものに絞り込み、その後、出願をサポートするために特許および非特許文献の先行技術調査も行うことができます。

 

侵害の可能性を特定するために、引用分析を活用する

Derwent Patent Citation Indexは、特許性を判断する際に参照された引用特許と被引用特許を含むユニークなデータベースです。ある企業が貴社の特許の1つを引用している場合、同じ技術分野で類似の業務を行っていることを意味しており、侵害者になる可能性があります。

製品をご検討中のお客様

詳しいご案内や資料をご希望の方はこちら

お問い合わせ