商標は企業の顔であり、また重要な知的財産です。万が一にも自社商標の登録期限が切れてしまったり、更新を忘れて他社に登録されてしまったとなれば、ビジネスにおいても多大な影響と損失を招く事になります。企業の商標業務担当者様や管理委託されている弁理士の方々にとっては、「更新期限が迫っていないだろうか」「商標数が多くて管理が大変」と、不安や心配も尽きない事でしょう。こうした現状に対し、商標管理のリスク分散と効率化を実現するのが 「MarkManager」です。

MarkManager(国内版・海外版)の特徴

 

  • 自由に設定可能な入力・更新・表示画面入力・更新可能な項目は100項目以上あるので、お客様の必要な情報だけを選択し管理することができます。
  • 「包袋情報」機能により、商標に付随する電子ファイル(登録証や調査レポート等)を一元管理できます。
  • パスワードによるセキュリティが設定できるので、第三者によるデータの改ざんなどの心配もありません。
  • 豊富な管理・帳票出力機能更新期限情報、ライセンス情報、中間手続情報など、あらゆる角度からの商標管理をサポートします。
  • 各種手続用ファイルの作成が簡単に行え、再入力の手間が省けます。
  • 国内版・海外版の連携機能により「マドプロ出願のデータ(海外版)」の商標と「マドプロ基礎登録(国内版)」を連動させて管理できます。
  • 商標マップが作成できます。

 

 

こんな時にご利用ください

  • 自社商標の更新期限管理をしたい。
  • どの事業所が持っているか管理したい。
  • 管理担当者の知らない商標が他の事業所から出願……などの確認のため自社商標をもう一度洗い直したい。
  • 商標管理のためのデータ入力が大変なので所有商標と一緒に管理システムを導入したい。

 

MarkManager(国内版)の特徴

  • 特許庁パソコン出願ソフトで用いる、登録願(出願)や更新手続等の申請書類を自動作成する事ができます。
  • 特許庁パソコン出願ソフトとの連携機能により、「出願受理データ」に格納されている出願番号・出願日や「発送受信データ」に格納されている情報を、MarkManagerに取り込む事ができます。
    手入力による番号・日付の入力ミス防止や工数削減が図れます。
  • 初回ご導入時、特許庁公開データから取得したお客様保有の商標情報をデータベースに格納してご提供する事ができます。(費用は別途発生)
  • 定期的に特許庁公開データから取得した「更新データ」をご提供する事ができます。(費用は別途発生)

 

MarkManager(海外版)の特徴

  • マドプロ商標が効率よく管理できます。

製品・サービスをご検討中のお客様

詳しいご案内や資料をご希望の方はこちら

お問い合わせ