Derwent Data Analyzer FAQ

Derwent Data Analyzerに関するよくあるご質問

お客様から寄せられた、よくあるご質問に対する回答は下記をご参照ください。

Derwent Data Analyzerの動作環境は?

動作環境および推奨のPCスペックについての詳細は、こちらの「Derwent Innovation および Derwent Data Analyzer の技術要件」をご参照ください。

Derwent Data Analyzerをダウンロードするには?

弊社の製品を購入したお客様は、Derwent Data AnalyzerのダウンロードのURLをご連絡しております。ご契約のお客様で、御不明の方は弊社までご連絡ください。

CD-ROM版を入手することはできますか?

基本的には、インターネットでのダウンロードをお願いしておりますが、必要な場合は、弊社担当まで御相談ください。

Derwent Data Analyzerをインストールするには?

Clarivate Analytics Data Analyzeの”.msi”ファイル(サイトからダウンロードしたファイルまたはCD-ROMに収録されているファイル)をダブルクリックして、セットアップ・プログラムを実行するだけでインストールできます。またDerwent Data Analyzerは、このセットアップ・プログラムによりハード・ドライブのディレクトリC:\Program Files\Derwent Data Analyzerにインストールされます。さらにスタート・メニューの中にプログラム・グループが生成され、拡張子.vptのファイルは、Derwent Data Analyzerで開くことができるように関連付けが行われます。

Derwent Data Analyzerは、他社の科学データ・ソースと組み合わせて使用できますか?

Derwent Data Analyzerでは、Excel形式のファイルをインポートすることができますので、弊社のDB以外のデータも分析に利用していただくことが可能です。

リスト・クリーンアップとは何ですか?

リスト・クリーンアップとは、あいまい一致アルゴリズムを利用して自動的に様々な形態の同一用語をグルーピングし、名寄せする処理です。

シソーラス機能とは何をするものですか?

シソーラス機能は、フィールド上での「検索と置換」やグルーピングをサポートします。例えば、上記のリストクリーンアップ内容をシソーラス(類義語辞書)として保存しておくことで、クリーンアップを自動化したり、国を示す一連の省略形や分類コードを、完全な定義文章付に置換することができます。Derwent Data Analyzer には、様々なシソーラス(類語集)が付属しているため、IPC、Derwent分類、Derwentマニュアル・コード、一般的な略語がすべて変換可能となっています。また御自身で新たに作成することも可能です。

独自にシソーラス・ファイルを作成できますか?

はい、できます。シソーラス・ファイルは作成する方法が複数用意されています。具体的には、グループから作成する方法、シソーラス・エディタやリスト・クリーンアップ機能を利用する方法などがあります。独自のシソーラスファイルを作成しておくと、似たような内容や企業の分析を次回以降行う最に利用でき、データ整理の時間を大幅に短縮することができます。

2つのデータセットを合成するには?

DDAでは、2つのDDAファイルを融合させることができます。同じフィールドを持つデータの追加には、”データの融合(Data Fusion)” を使用することができます。
また、既存のデータのフィールドを追加するようなDDAファイルが存在する場合は、”データの融合(Record Fusion)”を使ってマージすることが可能です。

レポートを変更したり、独自に作成したマクロを記録したりできますか?

高度なレポートは、変更できません。独自のスクリプトを作成する場合、Derwent Data Analyzerでは、Visual Basicスクリプト言語(VBScript)を使用します。また、スクリプト・コマンドは、ヘルプファイルの”自動化及びスクリプト(Automation & Scripts)”セクションに文書として収録されています。簡易的なマクロの中には暗号化されていないものもあります。そのようなマクロは、マクロの記述方法を習得する上で役立ちます。

分析できるレコードの件数は?

Derwent Data Analyzerでは上限を設けていません。ただし、実際には、ご利用のコンピュータの性能によって制限されます。
通常64bit PCで推奨のスペックを満たしている場合、タイトル・抄録を含め文章を入れた場合3-5万件、最低限の書誌事項のみの場合は、10万件程度まで処理することが可能です。

このソフトウェアを試用することはできますか?

はい、本ソフトウェアは1ヶ月間無料でお試しいただくことができます。お客様の会社の弊社担当までお問い合わせください。

独自の分類を設けることはできますか?

はい、できます。Derwent Data Analyzerでは、分類スキーマにより、アップロード、レコード(1件又は複数件)への割り当て、分析を行うことができます。

DDAで実施できるトレーニングにはどのようなものがありますか?

弊社では、サポートサイトでの使い方動画を公開しておりますし、定期的にハンズオン形式での公開講習会を行っており、ご契約企業様にはご参加いただけます。また、御希望に応じて訪問形式での講習会なども行うことができますので、お気軽にお問い合わせください。

DDAで作成したものを外部とのやり取りに利用できますか?

はい、できます。MS Officeなどのソフトウェア、あるいはDerwent Data Analyzer Reader、このいずれかを介してご利用になれます。なお、社外の資料などに掲載する場合は、著作権表示が必要となる場合がありますので、必ず事前に弊社までお問い合わせください。

ライセンスには製品アップデートも含まれていますか?

はい、含まれています。アップグレードには、核となるソフトウェアそのもののアップデートに加え、新しいレポート(自動スクリプト)や、一般のデータベース向けシソーラス及びインポート・フィルタも含まれます。

DDAで作成したものを社内に配布できますか?

はい、できます。DDAは、ほぼすべてのマップについて、PDF、画像、HTML形式に出力することができ、また全体的にExcelへの親和性が高く出力できる設計となっています。また、Derwent Data Analyzer Reader版をお使いいただければ、フル機能のDerwent Data Analyzerで作成されたDDAファイルを共有することで、分析内容をDDAと同じ形式で閲覧できるようになります。

お問い合わせ

Derwent Data Analyzerについて詳しいご案内や資料をご希望の方はこちら

お問い合わせ