.XXXブロックが終了: 全てのアダルトTLDをカバーする新サービス

.XXXブロックが終了: 全てのアダルトTLDをカバーする新サービス
by MarkMonitor
Blog

.XXXブロックが終了: 全てのアダルトTLDをカバーする新サービス

Brian King
Director of Internet Policy and Industry Affaires, MarkMonitor

2019年7月17日

 

ブランド権利者にとって前向きな展開が起こっています。アダルトコンテンツ専用の.XXXトップレベルドメイン(TLD)を運営するICMレジストリは、新しいブロッキングメカニズムであるAdultBlockとAdultBlock +を発表しました。 新ブロッキングサービスは.XXXのみならず、アダルトコンテンツのTLDの4つ、.XXX、.PORN、.ADULT、および.SEX、すべてをカバーします。

 

背景

ICMレジストリは、ICANNの大規模な新gTLDプログラムに先立ち、2011年の「Sunrise B」フェーズでブロックするブランド保護を最初に紹介しました。
アダルトコンテンツとブランドの関連付けに対する懸念と、防御的登録よりも低コストでブランドを保護することができることから、多くのブランド権利者はSunrise Bブロックを利用しました。 一回の料金で、Sunrise Bブロックは、ICMレジストリが運営する.XXX TLD契約の最初の10年間有効です。

このサービスが10年を迎え、Sunrise Bの有効期限が近づいてきたことから、ICMレジストリはSunrise Bプログラムを新しいブロッキングサービスに置き換えることを決定しました。これによりSunrise Bで得られた65,000以上のブランドの成功が再び、DPMLとTRExといった今日使用可能なブロッキングサービスにより近いサービスで繰り返されることが期待されています。

 

何が新しいのか?

どちらのブロックも4つのTLDすべて(.XXXだけではありません)をカバーし、プレミアム名を含み、さまざまなレジストラに転送できます。 さらに、最初のSunrise Bの10年間とは対照的に、クライアントは1、3、5、または10年間の期間を選択できます。 認定を受けるには、ブランド権利者は商標をブロックするためにTrademark ClearinghouseからのSMDファイルが必要です。もしくは2019年12月31日までにSunrise Bブロッキングを繰り越しすれば、追加の認証は必要ありません。アップグレードされたAdultBlock +は、商標のすべての可能な「ホモグリフ」バリエーションを網羅しています。例えば、 I & l & ĺ(大文字のi、小文字のL、アクセント付き小文字のL)もカバーされます。

 

何が現行サービスと同じか?

ホモグラフブロックがよく知られている場合は、AdultBlock +のホモグラフブロックは、同じくホモグラフをカバーしているUniregistryのUni EPS +へのレジストリの接続を通して提供されます。多くのブランド権利者はブロッキングを単純化し、既存のブロッキングサービスと統合したいというレジストリに対するブランド保護コミュニティからの要請に、ICMレジストリが応えてくれたと、この決定を歓迎しています。

 

ブランドオーナーは何をすべきか?

ブランドの所有者は、自分がブロックしたい商標が適格であるか確認するために、Sunrise BブロックとTMCHファイリングを棚卸しておく必要があります。

 

MarkMonitorのクライアントの方で、既存の防御登録の代わりとして、またはブランド保護戦略の一部として、AdultBlockまたはAdultBlock +を利用するのが妥当かどうかについて、客観的なアドバイスが必要でしたら、CSMにお問い合わせください。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation