ドメイン管理を野球に例えると?

ドメイン管理を野球に例えると?
by MarkMonitor
Blog

ドメイン管理を野球に例えると?

Akino Chikada
Senior Portfolio Marketing Director, MarkMonitor

2019年7月9日

 

RBI:打点。すべてのチームが欲しがる打点、しかし全てのチームが打点を得られるわけではありません。貴社のドメインはユーザをホームに送れていますか?それともストライクゾーンの外なのにバットを振らせていませんか?賢いドメイン名戦略は複雑なウェブの相互作用により実現できます。ドメインの世界ではドメイン名のニーズに関して戦略的な決定を行うのに、さまざまな役割を持った担当者が協力して活動しています。あなたのチームの主要なプレーヤーを見てみましょう。

 

バッターアップ:ICANN

The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)は、インターネットプロトコル(IP)アドレススペースの割り当て、プロトコル識別子の割り当て、gTLD、国コード(ccTLD)のトップレベルドメイン名のシステム管理とルートサーバーのシステム管理機能を担当する国際的な非営利団体です。

 

指名打者:レジストリ

各トップレベルドメイン(TLD)に登録されているすべてのドメインの正式なマスターデータベース(レジストリオペレーターとも呼ばれる)は、マスターデータベースを保持し、ゾーンファイルを生成します。これにより、コンピュータは世界中のトップレベルドメインとの間でインターネットトラフィックのやり取りができるようになります。.COMのVerisignやTLDの.NETなどがあります。

 

ピッチャー:レジストラ

レジストラは、ドメイン名の登録に関する記録(連絡先や技術情報など)を管理し、登録者に代わって情報をレジストリに送信します。 MarkMonitorは、企業ドメインポートフォリオ専門のICANN認定レジストラです。

 

ピンチヒッター:サードパーティプロバイダ

サードパーティプロバイダはドメイン登録やエリアにおけるプレゼンスなど、特定のドメインネームサービスを提供しています。 登録エリア内の連絡先/会社組織を持つことを求めるccTLDを登録するための前提条件となります。MarkMonitorが自身で現地の要件を満たせない場合に、利用することがあります。たとえばccTLDレジストリがTLDが特定の国に登録されることをレジストラに要求する場合などです。

 

一塁で待っている選手:登録者

ドメイン名を登録してる所有者や関係者、個人(または組織)は、打点を狙い、ホームランを待っているプレイヤーです。

 

プレーオフ?

MarkMonitorがあなたのチームのコーチだとしましょう。企業ドメイン名レジストラおよびブランド保護のリーダーとして20年以上の経験を持つMarkMonitorは、豊富な知識を有しています。さまざまな利害関係者との包括的なコミュニケーションを通じて、困難な環境を乗り越えます。

 

MarkMonitorのグローバルリレーションシップマネジメント(GRM)グループは、 TLDのタイプ(gTLDまたはccTLD)によって、関連する企業や団体 – 通常はレジストリ(主にgTLDおよび一部のccTLD用)、場合によってはサードパーティプロバイダ(通常は特別な要件を持つccTLD用) – との関係を構築しています。GRMグループは、要件を決定し、エンジニアリンググループと協力して、可能な場合にはレジストリオペレータのバックエンドシステムへの自動接続を確立するために、当社のドメインオペレーションチームと連携します。これらの自動接続を介して、ポータルからドメインの登録やそれ以外の重要な作業といった、クライアントのドメイン名管理のために必要なかつ重要なコマンドを送信できます。

 

ピンチの時

特別な要件や自動化に適さないTLDについては、ドメインオペレーショングループのccTLDスペシャリストがレジストリや第三者プロバイダと直接連携して、日々の取引を管理します。ドメインの譲渡、連絡先の更新などの他、比較的まれですが、レジストリの機能停止やハッキングなども含まれます。レジストリおよびサードパーティのプロバイダレベルで強力な関係を維持することで、迅速かつ効果的に発生するあらゆる問題に対処し、クライアントのドメインが適切に保護され、維持されるようにします。

 

代表はあなたです

MarkMonitorは、クライアントサービスマネージャ(CSM)またはクライアントパートナーシップマネージャ(CPM)とのEメール連絡に限らず、タイムリーな業界最新情報(例:新gTLD四半期レポート)、通常のウェビナー、クライアント訪問、など様々なチャネルで、ドメインをご登録されている方に情報提供を行っています。クライアントイベント(MarkMonitorサミットなど)において、MarkMonitorはクライアントがドメインポートフォリオを管理する際、重要となる情報を提供しながら、常に業界をリードするサービスをご提供するために、関連団体や企業と協調するようにしています。

 

ICANNに関しては、MarkMonitorのGRMグループがICANNコミュニティ内での業界の保護活動およびポリシー開発活動に積極的に関与しています。ドメインに関する様々な場面で、リーダーシップを発揮し、クライアントを保護しています。MarkMonitorは、ドメインエコシステム内で高レベルのアクティビティと可視性を維持しています。そして、絶えず変化する環境の中で、さまざまなエンティティと継続的にコミュニケーションを取り、連携しています。

 

この複雑な分野でドメイン管理戦略を立てるうえでMarkMonitorがお客様をどのように支援し続けることができるかについては、下記までお問い合わせください。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation