ドメインとサイバーセキュリティのトレンドを理解する

ドメインとサイバーセキュリティのトレンドを理解する
by MarkMonitor
blog

ドメインとサイバーセキュリティのトレンドを理解する

Akino Chikada
Portfolio Marketing Director

2019年5月6日

 

ドメインを取り巻く状況は絶えず変化しています。

 

最初のドメイン名が登録された1980年代以降、どのくらいの時間が経過したか考えてみましょう。 最初のドメイン名は.netと.comでした。 25年前に遡ってみると、企業はマーケティングのプロモーションから知的財産のオンライン保護まで、さまざまな理由から革新的なドットブランドを登録しました。

 

一般的なトップレベルドメイン(gTLD)の販売、継続的な法的および政治的変化、ならびにサイバー脅威の複雑化によって、ドメインポートフォリオの管理はより重要かつ複雑なものとなっています。誰が更新、管理、およびセキュリティの責任者になるのか、ポートフォリオの最適化および合理化のために何をするべきなのかに至るまで、考慮すべき点が多数あります。

 

デジタルセキュリティに関する最新レポート

新しい調査では、ブランドの構築と顧客の信頼の維持におけるドメインの重要性が広く認識されているものの(43%の回答者が重要であると答えています)、セキュリティ(56%)やコスト( 40%)、ドメインの追跡(34%)などの課題も浮き彫りになりました。

 

これは、特に複数のドメインを持つブランドに当てはまります。

 

また、グローバルビジネス調査によると、ブランドの56%が最大100個のドメインを所有していますが、そのうち4分の3以上が実際にアクティブであると答えたのはわずか18%のみでした。 ドメインを追跡し、その価値をモニタリングすることは、コアドメインを確実に保護する管理戦略の重要な部分です。

 

さらに大きな課題は、サイバーセキュリティがブランド保護と重なっていることです。 理想的には、これらの要素を統合してブランドを安全に保ち、顧客を保護するための包括的な戦略を形成することでしょう。

 

企業がサイバー犯罪の影響を受けている

過去12か月の間に62%のブランドが何らかの形のサイバー犯罪を経験し、23%が自社のドメインを標的としたサイバー攻撃を経験しています。この結果は、ドメインとオンライン上のブランド保護の重要性を浮き彫りにしています。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation