税務に関する詐欺メール攻撃を防ぐ

税務に関する詐欺メール攻撃を防ぐ
by MarkMonitor
blog

税務に関する詐欺メール攻撃を防ぐ

Stefanie Ellis
Portfolio Marketing Manager

2019年3月6日

 

多くの人たちは、給与明細を見て、給与から差し引かれる税金の額に嘆いていることでしょう。しかし一方でそれが公共のサービスに役立つことも理解しています。もし税金の還付資格がある、または税の未払いで法的措置を取るといったメールを税務署から受け取ったとしたらどうでしょうか?受け取った人は直ちに行動を起こそうとし、少しも考えずに返信してしまうかもしれません。

 

2017-18年の間でHMRCは税金還付とリベート詐欺の被害報告を771,227件確認しています。この手法はオンライン上の犯罪者が個人情報にアクセスするのに非常に効果的な方法であるため、減少することはないでしょう。データ漏洩と侵害調査に関するVerizonの報告によると、約4人に1人(23%)がフィッシングメールを開封しています。

 

税務専門家も被害者に

被害に遭っているのは個人の納税者だけではありません。 問題は広範囲に及んでおり、個人と企業の両方に被害が確認されています。

 

ネット犯罪者は顧客情報にアクセスするために税務専門家を標的にしています。 米国内国歳入庁(IRS)によっても強調されていましたが、フィッシングメールは重要なソフトウェア更新を装い、システムに侵入し、1回の攻撃で大量のデータを盗もうとします。2018年、IRSは、金銭や税金データを盗もうとする偽の電子メールスキームが60%増加したと発表しました。また、米国は現在、税務シーズンに入っており、通常より詐欺メールが多い時期になっています。詐欺メールは、個人の給与明細だけでなく、社会保障番号と住所も開示する従業員のW-2ファイルを要求していることから、人事または給与管理者が対標的となっています。

 

用心深く

IRSとHMRCはどちらも、フィッシングや詐欺を確認して報告するための包括的なサービスとアドバイスを提供しています。 また雇用主が従業員と顧客のデータを守るために実行できる対策もあります。MarkMonitorには、オンライン上の脅威を防止、検出、軽減することでビジネスを保護するフィッシング対策ソリューションがあります。 MarkMonitorのサービスがあったとしても、従業員は自分たちが詐欺師に対する最初の防衛線であることを認識し、従業員の機密情報を漏洩する前に十分な確認を行うようにしましょう。

HMRCではこちらでメール詐欺の報告をお願いしています。IRSは、W-2詐欺を受け取る組織が、件名「W2詐欺」およびFBIのインターネット犯罪苦情処理センター(IC3)でIRSに連絡することを推奨しています。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

MarkMonitorのサービスに関するお問い合わせ

詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちら

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation