ドメインを守る、ブランドを守る

ドメインを守る、ブランドを守る
by MarkMonitor
Blog

ドメインを守る、ブランドを守る

Chrissie Jamieson
Global Head of Marketing, MarkMonitor

2019年4月29日

 

激しい競争と変化を特徴とする市場では、ドメインがブランドアイデンティティを確立するための鍵となります。 それらはまた、より広範な事業戦略の中核をなすものであり、いかなる場合でも保護されなければなりません。

 

ドメイン名管理とサイバーセキュリティに取り組むための最善の方法は何でしょう? より広範なブランド保護戦略にしっかりと適合しているでしょうか。 ブランド侵害、詐欺、ブランドの濫用など、ネットにおける様々なリスク要素がお互いにどのように影響しているのでしょうか。

 

MarkMonitorは、ブランド保護、ドメイン名管理およびサイバーセキュリティの現状について、マーケティング、法務、およびITの意思決定者700人に聞き取りを行い、これらの疑問に答えるため最新のグローバルビジネス調査を行いました。回答者は、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、そしてイタリアの各業界の方々にお願いしました。

 

調査結果:縦割りされるブランド保護の責任

ドメイン管理とセキュリティ業務は組織内で縦割分担されていることが判明しました。回答者の約半数(46%)がITとITセキュリティ部門がドメイン名管理を担当していると回答したのに対し、13%のみが複数の部署が携わるプローチを取っていると回答しました。

 

この縦割アプローチは、更新プロセスに関する調査結果にも表れています。 部署間の協働を含む、また更新手続きに対応する計画を立てている回答者は25%にすぎませんでした。 26%が更新通知のみに依存しているのに対し、21%は更新管理を1人の担当者が対応していました。ドメイン名の管理はブランドの健全性にとって非常に重要です。管理とセキュリティ対応に対するこのような縦割りアプローチは、組織をオンライン上のリスクに危険にさらす可能性があります。

 

リソース調達の課題

調査によると、ブランドの4分の1(25%)が、ドメイン名管理だけでなく、ブランド保護全体として、予算不足を大きな課題として挙げています。すべてのドメインがビジネスに価値を付加することを確実にしながら、組織のドメインポートフォリオを最適化すること、実用的および商業的な目的のために売却されないことが重要です。これによりリソースはコアドメインによりよく費やすことができます。

 

ところが調査によると、ブランドの32%がドメインの価値を監視しておらず、さらに6%が監視しているかどうかわからないと回答しています。

 

ドメインポートフォリオの合理化は、ビジネス利益の観点とセキュリティの観点の両方から重要です。10のブランドのうち4近く(39%)がgTLDを登録しており、そのうちの32%が偽装を経験し、ドメインを濫用されていると回答しました。

 

さらに、39%がBrexitが自社のドメイン戦略に影響を及ぼしている、46%がGDPRが自社のドメイン戦略に影響を及ぼしている、18%がGDPRの規制によりドメイン侵害に対する執行が困難になっていると述べています。

 

ドメインポートフォリオを管理するということは、単にドメイン名を登録してそれを更新するだけではありません。ドメイン名管理はセキュリティを含み、ドメインの価値を監視し、より幅広いブランド保護戦略に対応する必要があります。
オンラインブランド保護のライフサイクルの全容を知るには、MarkMonitorの最新のレポートをご参照ください。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation