中国の新法で
オンラインプラットフォームに責任発生

中国の新法で<br>オンラインプラットフォームに責任発生
by MarkMonitor
blog

中国の新法でオンラインプラットフォームに責任発生

Akino Chikada
Portfolio Marketing Director, MarkMonitor

 

2019年1月30日

 

1月1日、中国で新しい電子商取引法が施行され、知的財産権者の保護が強化されました。新法の下では、電子商取引プラットフォームのプロバイダーは、権利者と協力しながら知的財産保護方針および手続きを策定することが求められています。さらに重要なことは、プラットフォームのプロバイダーが、知的財産権保護ポリシーを実施しなかった場合、罰金と法的責任を問われる可能性があります。

 

疑いもなく、この新しい法律は従来、企業にとって管理が困難であった中国における知的所有権を保護するのに役立つでしょう。

 

役割と責任

まずは疑わしいすべてのリスト、サイト、または広告からブランド保護を始めることが良さそうですが、企業は厳格なブランド保護プログラムを遂行、維持する必要があります。 中国の新法の下では、ブランドの所有者は、誤ってリスティングまたはサイトを削除し、ビジネスに損害を生じさせた場合に責任を負う可能性があります。

 

さらに、疑われた業者はプラットフォームへ反証を伴った著作権非侵害の陳述を出すことができます。その反証が認められた場合、プラットフォームはブランドの所有者に通知し、ブランドの所有者は15日以内に回答します。 ブランドの所有者がそれに対抗するためにタイムリーに苦情または訴訟を起こさない場合、プラットフォームはブランドの所有者のための対策を中止することができます。

 

注目すべきもう1つの要点:

PRCの電子商取引法は、すべてのプラットフォームのプロバイダー(プラットフォーム、WeChat、さらにはライブストリーミングWebサイトなど)がビジネス登録証明書を取得し、ビジネスライセンスをわかり易い所に表示することを要求する業界ガイドラインの提供を始めました。またプロバイダーは、税金を払い、請求書を提供し、そして詐欺的な商品の販売に対して責任があるとみなされます。

 

オンラインブランド保護に追い風

この新しい法律から、中国政府が電子商取引の規制に乗り出し、知的財産と消費者を保護することに注力しようとしていることがわかるでしょう。オンラインブランド保護に対する体系的なアプローチを採用している企業にとって、タイムリーで正確なブランド保護戦略の実行をより確実に保証できる一助になるかもしれません。

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation