利益回復のため海賊版IPTVと戦う

利益回復のため海賊版IPTVと戦う
by MarkMonitor
Blog

利益回復のため海賊版IPTVと戦う

Zachary Wolf
Portfolio Marketing Manager, MarkMonitor

 

2019年2月4日

 

インターネット接続速度とIPTV対応デバイスの低コスト化によって、インターネットプロトコルテレビ(IPTV)が短期間で普及しています。

 

法律に則って放送局がIPTVソリューションを利用している一方で、多くの不正なコンテンツが配信されており、同じ技術が利用されています。違法なIPTVを通じて何千ものチャンネルを配信するだけでなく、地理的にブロックされるべきチャンネルが視聴可能にされるなどしています。スポーツの生放送、有料チャンネル、さらには授賞式なども、不正なサービスを通じて視聴されています。

 

その結果、より安く、あるいは無料でも海賊版を入手できるようになったことから、より多くの放送権所有者や放送局が、登録料収入に対して深刻な問題に直面することになりました。実際、Web上で「無料の」IPTVサービスを検索するのは簡単です。登録して、視聴するためのサポート動画さえあります。 不正配信には、不正なチャンネルを配信するために使用されるストリーミングサーバー、IPTVサプライヤーにサービスを提供するペイメントプロバイダー、ボックスとIPTVサブスクリプションを利用可能にするサプライヤーがいます。

 

売上への影響

IPTVの海賊版は、コンテンツの価値を損なうだけでなく、ユーザー1人当たりの平均収益(ARPU)も失うことになります。残念なことに、これに関して何も悪いことではないと考えている人もいます。YouGovの調査では、英国ブロードバンドに接続した約490万の大人が海賊版IPTVストリーミングサービスを使用していることがわかりました。

 

これらを踏まえると、海賊版への対応には不正規なIPTVサービスから不正ストリームを検出、文書化、除去することが重要と言えるでしょう。

 

  • ほぼリアルタイムで検出、検証、実施
  • IPTVサービスの包括的なデーターベースから情報を収集
  • 慎重なスキャンで不正なプラットフォームによる検出を回避
  • トラフィック基準の阻害でIPTVサービスに優先順位をつける

 

上記プロセスの管理を経験がない企業が行うことは困難な場合もあります。MarkMonitorではグローバル対応可能な専門家とアナリストのチームがサポートします。戦略を侵害状況に合わせて、プロセスを合理化できます。IPTVの需要は間違いなく増大します。一方で御社のARPUを減少させてはいけません。海賊版との戦いについてはこちらをご覧ください。

 

 

MarkMonitorのソリューションについてはこちら

英語原文はこちら

お問い合わせ  |  サポート

MarkMonitorの詳細なサービス説明や資料をご希望の方はこちらからどうぞ

お問い合わせ

Clarivate

Accelerating innovation