Apple社の「Safari」に適用される
SSL証明書の有効期間変更についての
ご案内

Apple社の「Safari」に適用される<br>SSL証明書の有効期間変更についての<br>ご案内
by MarkMonitor
News

Apple社の「Safari」に適用されるSSL証明書の有効期間変更について

 

来る2020年9月1日より、Apple社のブラウザ「Safari」は有効期間が13ヶ月未満のSSLサーバ証明書のみが適用されるよう仕様が変更されます。

 

2020年9月1日より以前にインストールされた証明書は引き続き「Safari」でも有効となりますが、2020年9月1日以降に発行されたSSLサーバ証明書について、有効期限が13ヶ月以上のものは「Safari」では無効となりますのでご注意ください。

 

「Safari」の仕様変更は、Webサイトの安全性を高めるために、業界全体で提唱されているSSLサーバ証明書のライフサイクルの短縮化の流れと一致するもので、そのほかのブラウザについても、今後適用される証明書の有効期間の上限が定められる可能性があります。

 

また、弊社では昨年よりSSLサーバ証明書の取り扱いを開始しております。
弊社のSSLサーバ証明書サービスをご利用いただくと、ドメイン名と同じ管理システムで効率的に管理いただくことが可能となります。
サービスの詳細内容につきましてはお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご不明点・ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

 

【お問い合わせ・お申し込み先】

MarkMonitor ドメインサービスグループ

Clarivate

Accelerating innovation