論文の引用動向による日本の研究機関ランキング

本分析は、後続の研究に大きな影響を与えている論文(高被引用論文)数をもとに、世界の中で日本が大きなインパクトを与えている分野における国内で存在感のある研究機関を把握しようという試みです。

研究機関や研究者個人が特定の集合の中でどのくらいの位置にいるのかを分析する指標として、高被引用論文などの相対的な指標による分析に注目が集まっています。

インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表

~東京大学が総合ランキングで1位。日本全体としては化学、物理学、材料科学などの分野で高い影響力を維持~

2017年4月13日(日本時間) 東京発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース

インパクトの高い論文数(高被引用論文)による日本の研究機関ランキング

被引用数による日本の研究機関ランキング

リサーチフロント(先端研究領域)

最先端の研究領域を的確に見いだす方法のひとつに、研究者間で交わされるコミュニケーションを対象とした分析手法があります。研究者のコミュニケーションは様々な形が取られますが、なかでも最新の成果が発表される論文の引用情報に基づく分析は有力な方法です。

論文の引用情報には、研究者が新たな研究成果を築くうえで基礎とした既知の成果や、それらの相互関係が反映されています。この引用パターンを分析すると、先端研究のコアとなる論文を導き出したり、強い関連性を有する論文同士をグループ化して最先端の研究領域を特定したりすることができます。実際に次に紹介するいくつかのステップを踏んで導き出した先端研究領域を、クラリベイト・アナリティクスはリサーチフロントと呼んでいます。

詳細はこちら 

Clarivate Analyticsと中国科学院が、科学研究における先端領域をまとめた共同リポートを公開

~ 注目を集める領域としては、ダークマター、作物科学と食品科学の発展、地球温暖化の停滞、生態系における種の多様性の欠如、北大西洋と南氷洋の元素組成、ハイブリッド電気バスのエネルギー管理戦略など

2016年10月31日(日本時間) 米国フィラデルフィア発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース

過去のリポート

共同研究・戦略的パートナーシップ

大学・官公庁・研究機関等との戦略的パートナーシップによる共同研究に関するプレスリリースです。

文部科学省科学技術・学術政策研究所とトムソン・ロイターの共同研究:資金配分機関等の名称統一結果をデータベースに実装

~Web of Science Core Collectionデータの謝辞情報分析結果の第一弾をInCites Benchmarking上に搭載~

2016年4月21日 東京発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース