クラリベイト・アナリティクスのノーベル賞予測

「引用栄誉賞」は、クラリベイト・アナリティクスのデータベースを用いた論文・引用分析において、ノーベル賞クラスと目される研究者を毎年9月に発表するものです。科学をより身近に認知し、人類の進歩に貢献する世界のトップ研究者をひろく讃える目的で2002年に恒例化し、今年で14回目を迎えました。ノーベル賞の科学系4賞(医学・生理学、物理学、化学、経済学)と同カテゴリで構成された本賞受賞者のうち、37名が実際にノーベル賞に輝いています。

過去の日本人受賞者一覧はこちら 

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞」を発表
2017年 日本からの受賞者は1名

~ 桐蔭横浜大学 宮坂力氏(化学)~

2017年9月20日(日本時間)米国フィラデルフィア発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース

技術革新リポート

本リポートは、クラリベイト・アナリティクスの分類による12の主要な技術分野において、企業の特許活動から世界の技術革新の動向を調査・分析し、技術分野ごとにアジア、欧州、北米の各地域の特許出願人上位企業・機関のランキングを示したものです。

トムソン・ロイターが世界の特許動向を分析した『2016年 技術革新リポート』を発表。
世界のイノベーション活動は2桁成長を遂げていることが明らかに

~ 大学・政府・研究機関の参入増加により、オープンイノベーション・モデルが発展 ~

2016年5月11日(日本時間)米国バージニア州アレクサンドリア発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース

  • 2015年5月 世界の科学研究と特許動向を分析した『2015年 技術革新リポート』を発表。
  • 2014年6月 『2013年版 技術革新リポート』を発表。世界の特許動向は、不況による低迷期からの脱出を反映。
  • 2013年4月 世界の特許動向を分析した『2012年版技術革新リポート』を発表。アジア企業では日本が健闘
  • 2012年3月 世界の特許動向を分析した『2011年版技術革新リポート』を発表。韓国・中国をはじめとするアジア企業が躍進
  • 2011年1月 世界の特許動向を分析した『2010年版技術革新レポート』を発表。多くの成長分野で日本企業が目覚ましい特許活動
  • 2010年1月 『2009年版技術革新レポート(2009 Innovation Report)』を発表

Top 100 グローバル・イノベーター

『Top100 グローバル・イノベーター』では、クラリベイト・アナリティクスが保有する特許データを基に知財動向を分析し、世界の革新企業/機関トップ100を選出しています。

厳格かつ客観的なデータとクラリベイト・アナリティクス IPソリューションビジネスによって開発された分析手法により、イノベーションに積極的で、知的財産権保護の尊守に努め、かつ世界に影響を及ぼす発明をもたらした企業が選考されました。分析手法の確定には、知財の専門家および外部機関のアドバイスを受けています。

Top 100 の詳細はこちら 

世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」発表

~ 34社の日本企業が受賞。世界シェア率第2位 ~
~ 既存の自社業界に留まらず、積極的に新たな他業界分野を開拓する「イノベーションのボーダーレス化」が顕著に ~

2017年1月10日(日本時間)米国ニューヨーク発
 

リポートダウンロード   プレスリリースはこちら 

過去のTop100受賞企業

過去のプレスリリース

世界で影響力を持つ科学者

本リポートは、論文動向分析データベースInCitesTM Essential Science IndicatorsTM および論文検索・引用索引データベースWeb of ScienceTM Core Collection を用いた独自の分析により、各分野でインパクトの高い研究者を選出するものです。

論文の引用動向分析による、影響力の高い科学者を発表

~ インパクトの高い研究者を分野ごとに選出。世界で約3,000名のうち、日本の研究者は約80名 ~

2016年1月19日(日本時間)米国ペンシルベニア州フィラデルフィア発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース

  • 2014年7月 論文の引用動向分析からみた、世界で影響力を持つ科学者を発表
  • 2013年6月 世界で最も注目を集めた研究者と、最多引用論文を発表
  • 2012年4月 世界で最も注目を集めた研究者と、最多引用論文を発表
  • 2011年3月 2009-2010年の最も注目を集めた研究者(“Hottest” Researchers)を発表
  • 2010年3月 2008-2009年の最も注目を集めた研究者("Hottest" Researchers)を発表
  • 2009年3月 2007-2008年の最も注目を集めた研究者("Hottest" Researchers)を発表
自動車業界の技術革新

自動車業界の技術革新

本リポートは、クラリベイト・アナリティクスが保有する特許データを基に、自動車業界において最も成長している技術分野及び最も注目されている技術分野について詳しく分析したものです。 近年、自動車業界の技術革新では何が起きているか、だれがイノベーションリーダーなのか、技術革新の最新動向を紹介しています。

トムソン・ロイターが自動車業界の技術革新動向分析を発表: 日本がけん引する自動運転車のイノベーション

~ 専門技術を有するテクノロジー企業・研究機関との連携がイノベーション促進の鍵に ~

2016年1月20日(日本時間)米国フィラデルフィア発
 

プレスリリースはこちら 

過去のプレスリリース