タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が、研究のイノベーション評価にWeb of Scienceを採用

~クラリベイト・アナリティクスの引用データと分析で、注目すべき研究を予測する~

  • LinkedIn
 

2017年5月25日(日本時間)
フィラデルフィア発
*米国時間2017年5月24日に発表された公式プレスリリースの抄訳です

   

タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が25日に発行した5月特集号『The next big bang』において、世界を変える可能性のある研究が特集され、注目トピック19件が紹介されました。トピックの選定においては、クラリベイト・アナリティクス(本社:米国フィラデルフィア、日本オフィス:東京都港区、以下「クラリベイト」)が提供するWeb of Scienceの引用データとEssential Science Indicators℠の知見が使用されています。

特集された研究には、がん細胞を死滅させる免疫力の強化、植物品種改良のための遺伝子開発、動物と昆虫、レドックスフロー電池や水素エネルギー自動車などクリーンな動力源の生産、LED照明を使用したエネルギー低減、環境衛生改善のための環境・生態学分野における発見、次世代エレクトロニクスとビッグフィジックスが含まれています。

注目トピックの特定は、「引用栄誉賞」の分析を手掛ける弊社アナリスト、David Pendlebury(デービッド・ペンドルベリー)が担当しており、分析にはリサーチフロントの先端研究領域を明らかにする基本手法が用いられています。ペンドルベリーは、引用ネットワークは研究者自身の専門的判断に基づいて繋がれていることから、研究の本質に迫る上で信頼できる情報であると考えており、同時に最新の研究動向を把握できる手段だとしています。

THEの5月号では、直近5年間で最も高い頻度で引用されている上位1%の論文(高被引用論文)のうち、後に発表された論文と一緒に引用(共引用)されている論文が分析されました。その中から、共引用された時期が直近で、少なくともこれまで200回以上引用されたフロントが抽出され、さらにより広い科学分野で応用され得る19件が選ばれています。THEではこれらトピックを5つの大きなグループ(生物・医学、エネルギーと光、天体物理学と高エネルギー物理学、環境と生態学、次世代エレクトロニクス)に分け、主な研究者へのインタビューも行われました

ヘンリー・スモール博士と故ユージーン・ガーフィールド博士が共引用分析を使って1970年代と1980年代にサイエンスマップを先駆けて開発して以来、クラリベイト・アナリティクスは50年にわたり、Web of Scienceの高品質なデータを用いた研究動向の分析で世界をけん引してきました。この手法で得られた知見は政策立案や研究資金配分においても、今も注目すべき新しいトピックの特定に役立っています。

 
プレス : クラリベイト・アナリティクス
2017年5月24日(米国時間)
英文プレスリリースはこちら
  • LinkedIn
 

Facebookでも情報を提供しています。


クラリベイト・アナリティクスについて

クラリベイト・アナリティクスは、世界中のお客さまに信頼の置ける知見や分析を提供することでイノベーションを加速させます。1世紀半に渡り継承された歴史を土台とする弊社は、Web of Science™、Cortellis™、Derwent™, CompuMark™、 MarkMonitor®、そしてTechstreet™など、イノベーションのライフサイクルを取り巻く、信頼されるブランドを所有しています。クラリベイト・アナリティクスは新しい、独立した会社として大胆な事業ミッションを持ち、生活を一新させるようなイノベーションの元となる新しいアイディアの創出に向けて、大幅な時間効率化をサポートします。
詳しくはClarivate.comをご覧ください。


BACK TO TOP

学術情報事業部
SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

本件問合せ先

クラリベイト・アナリティクス
学術情報事業部 担当
〒107-6119
東京都港区赤坂5-2-20
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
FAX: 03-4589-3240
E-mail