最新版Journal Citation Reports (JCR) をリリース

~JCR40周年にあたる本年は新指標も追加し、さらに充実した内容に~

  • LinkedIn
 

2015年6月23日(日本時間)
米国バージニア州アレクサンドリア発
*米国時間2015年6月18日に発表されたプレスリリースの抄訳です

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、6月19日(日本時間)、学術誌評価分析ツールJournal Citation Reports®(以下、JCR)の最新版をリリースいたしました。今回のリリースでは、2014年のインパクトファクターほか従来の各指標に加えて、Journal Impact Factor Percentile および Normalized EigenfactorTM の2指標が追加されるとともに、ジャーナルのより詳細な分析やオープンアクセス(OA)による絞り込みを含むいくつもの機能強化が行われています。JCRは学術ジャーナルの評価における世界でもっとも影響力のあるリソースであり、インパクトファクターの情報源として知られています。

JCRは1975年から毎年公表されており、学術ジャーナルに関する統計情報の客観的な評価に基づく各種指標を提供してきました。2015年のリリースでは、82か国、237分野から厳選された11,149誌を収録しています。

  • 新たにインパクトファクターが付与されたジャーナル: 272誌
  • インパクトファクターが上昇したジャーナル: 53%
  • インパクトファクターが下落したジャーナル: 43%
  • JCRの収録対象から外れたジャーナル: 39誌

新たにインパクトファクターが追加された日本のジャーナル

ジャーナル名出版社名
ALLERGOLOGY INTERNATIONALJAPANESE SOCIETY ALLERGOLOGY
JOURNAL OF ORAL SCIENCENIHON UNIV, SCHOOL DENTISTRY
JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCHJapan Prosthodontic Society
(ELSEVIER IRELAND LTD)
MICROSCOPYJapanese Society of Microscopy
(OXFORD UNIV PRESS)

インパクトファクターとは?
特定の1年間において、ある学術誌に掲載された論文が平均的にどれくらい引用されたかという指標。学術誌の影響度を表す数値として知られ、同分野の他の学術誌との相対的評価に用いられます。

本リリースにおける新指標および機能強化

  • インパクトファクター・パーセンタイル (Journal Impact Factor Percentile): Science Citation Index の考案者であり計量書誌学の父であるユージン・ガーフィールド博士 (Dr. Eugene Garfield) がロシアのAlexander Pudovkin博士およびトムソン・ロイターのデータサイエンティストチームと協業し、新たな指標を開発しました。この指標により、異なる分野のジャーナルを適切に比較することが可能になります。
  • 正規化アイゲンファクター (Normalized EigenfactorTM): ワシントン大学のEigenfactorチームにより改良された新指標。例えばNormalized Eigenfactorが2であれば、それは同じ分野の他のジャーナルに比べて影響力が2倍強いということを意味します。
  • ジャーナルの詳細データの分析が可能に: ジャーナルの引用、被引用のデータをダウンロードし、ジャーナル間の引用関係の分析や学術成果の評価に透明性をもたらします。
  • オープンアクセスによる絞り込み: Web of Science と同様、オープンアクセスジャーナルに絞り込む機能がつきました。これにより、オープンアクセスジャーナルの評価が容易になります。


JCRは、研究の成果と影響を測るInCitesTM プラットフォームに搭載され、引用データやジャーナルの影響度に関する指標、Web of Science® からの引用・被引用データを提供します。ユーザーは、ジャーナルの包括的かつ詳細な分析や、ジャーナルに掲載された論文の探索ができます。JCRの制作に関わるプロセスを図解した「the Heart of Research (http://about.jcr.incites.thomsonreuters.com/jcr2015_infographic.pdf) 」など、関連資料もご参照ください。

JCRの進化に関する下記のウェブセミナー(英語)も開催いたしますので、ご参加ください。

セミナー名 Innovations in Journal Evaluation
日時 2015年6月23日(火) 午後10時~
参加登録 セミナーは終了しました

【JCRとWeb of Science Core Collectionの関係について】

JCRは、学術誌のパフォーマンスや影響力を客観的かつ体系的に評価するデータセットです。JCRに掲載されている各種ジャーナル指標は、学術論文・引用索引データベースのスタンダードであるWeb of Science Core Collectionに収録された引用情報を基に計算されています。インパクトファクターは、同データベースに2年以上掲載された学術誌に付与される指標です。

インパクトファクターをご覧いただくためには、JCRの購読契約が必要です。詳しくは弊社ウエブサイトもしくはお問い合わせまでご連絡ください。

【Web of Science Core Collectionとは】

世界中の影響力の高い学術雑誌12,500以上(2015年12月現在)を厳選し、包括的なアクセスを提供するオンライン学術文献データベースです。引用文献情報も収載しているので、文献の引用回数を調べたり、引用文献をたどって研究の発展や経過を調べたりすることができます。詳しくは下記サイトをご覧ください。
Web of Science Core Collection 製品概要

【Web of Scienceとは】

Web of Science は、Web of Science Core Collectionをはじめとする膨大な量の高品質な文献コンテンツを包括し、自然科学、社会科学、人文科学の情報の迅速な検索、分析、共有を支援する最高水準の調査研究プラットフォームです。詳しくは下記サイトをご覧ください。
Web of Science 製品概要

 
情報出所 : トムソン・ロイター(Thomson Reuters)
2015年6月18日
英文プレスリリースはこちら

  • LinkedIn
 

Facebookでも情報を提供しています。

Clarivate Analytics

Web of Science (Clarivate Analytics)


トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・医薬・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はhttp://thomsonreuters.com をご覧ください。

IP & Science ビジネス 日本代表 長尾正樹
ip-science.thomsonreuters.jp/about/


BACK TO TOP

学術情報ソリューション
SNSコミュニティー

Facebook

Twitter

本件問合せ先

クラリベイト・アナリティクス
担当:熊谷
〒107-6119
東京都港区赤坂5丁目2番20号
赤坂パークビル19階
TEL: 03-4589-3102
E-mail